保湿 セラミド

肌に惜しみない潤いを!セラミド保湿化粧品を選ぶ際の豆知識 トップ

セラミド配合の化粧品が、なぜ今求められるのか

セラミドは、肌の潤う土台。

セラミド保湿化粧品が潤っていると、肌の奥底から潤う事が出来るので、もっちもちの潤い肌になる事が出来ます。

表面だけ潤わせても、土台から潤わないと、真の潤いと言えません。

特に年齢肌は、セラミドがどんどん減っていくので、化粧品などで補っていくしか方法がありません。

そこで、エイジングケアに求められる成分が、セラミドです。



セラミドが配合された保湿化粧品は、沢山販売されています。

しかし、どれも高価な物が多いです。

高い物では、何万もする保湿化粧品もあります。

中には、数千円の物もあります。

安い!と、ついつい手が出てしまいますが、数万円するのが当たり前なのに、本当にその化粧品で効果を得る事が出来るのでしょうか。

何故セラミド配合保湿化粧品は、そんなに高価なのか

安価であっても、セラミドは配合されていると思います。

しかし、微々たな量しか配合されていないのかもしれません。

理由は、セラミドは高価な成分なので、安価に販売されているのは考えにくいからです。

セラミドにも種類がありますので、天然のセラミドじゃないセラミドが配合されているのかもしれません。



どちらにしても、大事なのは肌の実感を得る事が出来るか否かです。

安価なセラミドでも効果を実感出来たら、こんな嬉しい事は無いですよね。



天然のセラミドは高価で、肌に浸透しやすいように研究開発されて作られた物が大半です。

そのような研究費用も加算されるので、どうしても高価になってしまうそうです。

セラミドの種類を学んで、セラミド保湿化粧品を選びましょう

セラミドは、種類がいくつかあります。

天然型セラミドをはじめ、植物性セラミド、動物性セラミド、活性型セラミド、合成疑似セラミドなどがあります。

この中で、先程記載した天然型セラミドが、1番高い効果があると言われています。



天然セラミドには、番号が付いています。

セラミドの後ろに、1~7の番号が書かれています。

我々人間の皮膚の中のセラミドと同じ構造をしているのが、セラミド2です。

割れられが持っているセラミドと同じ構造なので、肌にとても浸透しやすいセラミドです。

セラミド配合の保湿化粧品を選ぶ際は、セラミドの後ろ人数字が書いている物を選ぶと、天然型を選んでいる事になります。

更に、セラミドの後ろに2と書いている物を選ぶと、1番肌に浸透するセラミド配合、という事になります。



4PVアクセスアップ seo-p-link FX AKZリンク集 ANAカード 相互リンクSeo-P-link Ver3.2 検索順位対策エンジン ダイエット 相互リンクSeo-P-link Ver3.5 DIN お役立ちリンク集 通信販売店、ネットショップランキング 無料海外レンタルサーバで相互リンク Seo-P-link Ver3.5 大学マップ アクセスアップ相互リンク 簡単相互リンク“楽即” GetLink[自動相互リンク集] SEO対策のLINKS 白鳥自動相互リンク集 seo メアド不要!無料簡単相互リンクでアクセスアップ! 自動相互リンク集 JALカード

カテゴリー